リトミックで「心」を育てるの?

子どもの才能が開花するリトミック

加山佳美です。

「リトミック」と言う言葉もだいぶ浸透して来たかと思っていたのですが、

まだまだでした。

先日、近隣の公共施設でイベントを行う際に

「使用目的は何ですか?」と聞かれたので

「リトミックです」

と言ってしまったのです。

・・・(沈黙)

「〇〇ですか?」

と、私の記憶に残らない位の違うことを言われました。

(^ ^;)

「音楽に合わせて、体を動かしたり、楽器を鳴らしたりします。

テレビ番組の「おかあさんといっしょ」の様な感じです」

付け加えたら、納得して下さいました。

リトミックは スイスの作曲家 ダルクローズが考案した音楽教育法の一つです。

リトミックの三つの柱

(1)「リトミック」(動き)(良いリズムと言う語源から来る)

(2)即興演奏

(3)ソルフェージュ(歌う・動くなどの聴覚訓練)

「音楽に合わせて体を動かす」だけでは正確にはリトミックになりません!

この部分、意外と誤解されています。

そして、ダルクローズは元々ジュネーブ音楽院の学生達に着目し、

音楽教育法を考え出しました。

小さい年齢の頃から聴覚訓練をしていた方が、影響があるのでは?

と気が付いたのです。

それは人間の成長過程に関係があります。

人はだんだん育っていくイメージがあるかもしれませんが

神経や感覚は生命が誕生してからぐんぐん発達し

脳は3歳までに大人の80%が完成されます。

「音感」などもそうです。

音楽をかけたら 踊り出す

一回聴いたらすぐ覚える

などは

このためです。

小さい年齢なほど、

「音感」も良く「吸収も良い」

「吸収も良い」というのはあらゆる面です。

音楽に関して言えば、

*絶対音感と言われる「音感」を身につけられる

*聴き分けられる

*音楽全体を把握出来る

*音楽の変化を敏感に把握出来る

などです。

ですから、指導者の方が

「正確でないテンポ」の音楽を提供したとすると・・・

「いつもとなんか違う?」と感じ不機嫌になったり

活動しなかったりすることもあるでしょう。

この様に、

乳幼児期は「音楽」にとても敏感で吸収する能力を誰もが持っています。

それをどう生かしていくかは、

「環境」と「心」なのです。

人の成長過程は

「感覚期」と言って

わぁ〜

いいなぁ〜

おもしろそう!

なんだろう?

という様な こども自らが感じることで伸びていきます。

「五感」を刺激することもそうです。

ご家庭でお母さんが一人で工夫していくことはなかなか難しいですよね。

この「感じること」が「心を育てること」になります。

「感覚期」を過ぎると「知的知識の習得」に入ります。

文字や言葉、物の名称や数字、ルール等を覚えていきます。

つまり、

「感覚期」にどれだけ 「人」としてのベース(土台)をしっかりしておけるか?

その後の成長に大きく影響があるということです。

ずばり言いますと、

「感覚期」の間に

どのような環境で過ごし、

どれだけ心が満たされ、

心が動いたか

それによって、

その子の一生が変わります。

それを簡単に満たすことが出来るのが

本能的に誰もが楽しく感じる「音楽」であり、

多彩で、感じて、自ら考えて表現していく

「リトミック」はさらに 可能性を広げていくことが出来るのです。

*注意として、日本全国内に色々な「リトミック教室」があります。

どこのリトミックに行ってもこの教育効果が有るものでは有りません。

先にも述べた様に、

三つの柱の一つしか活動に入れていないお教室もあるでしょう。

そして、最も難しいことが 

音楽的知識の無い一般のお母様方がその見極めをすることです。

これはリトミック教室だけでもなく、

歯科医院だったり、

美容室も同じですよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする